« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

瀬戸は日暮れて

_c3c8516

 
ひっきりなしに船が行き交う瀬戸内海。
日本をつなぐ大橋を鉄道が渡る。
 
 
 
 
----
というわけで、先日のE7系報道公開が行われた仙台から、
一気に山口県、岡山県とまわり今羽田空港でブログを書いてます(・・)ノ
 
昨日今日と西日本はキンキンに冷えて今日も寒かった!
撮影後、飛行機まで時間があったので岡山空港から車で5分少々の温泉へ行ってきました。
 
 
Imag0295
 
それが↑のレスパール藤ヶ鳴
風呂上がりで飛行機乗れます!
浴場も広くてきれいでした!
 
 
 
 
これは覚えておこっと。
 
 

2013年11月28日 (木)

北陸新幹線E7系、はじまる。

_mg_2360_4

新幹線最新鋭E7系、登場。
 
まだまだ先のこと、と思っていた北陸新幹線金沢開業が、
いよいよ現実としてやってきた、そんな感じがする。 
 
 
 

2013年11月26日 (火)

モノレールがいます

_c3c5273_2

 
ビル間ポートビュー(・・)ノ
 
ビルの写真じゃないよ。
小さくモノレールがいます。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年11月24日 (日)

黄色い車窓

Icho_3

 
京急品川駅そばのいちょう並木。
都心のいちょうもずいぶん黄色くなってきました。
 
 
これが終わるといよいよ冬だなぁ。 
 
 
 
 
 

2013年11月22日 (金)

連載:鉄道職人に聞く-東京時刻表12月号発売中!-ともう一つ。

12_3 

 

 

 

 

さて、交通新聞社より東京時刻表12月号が発売になりました!

今月の連載「鉄道職人に聞く」はSL機関士さんの後編。
今月は三峰口から復路と入庫をご紹介します。
 
 
 
 
 
 
 
 
_c3c7427
「SLは鉄道の根源」と語る職人の現場をご覧下さい!
 
 
 
 
今月はもう一つ!
同じく交通新聞社より発売になりました小型全国時刻表12月号。
 
列車旅に便利なサイズのこの時刻表には鉄道に関わるいろいろな方がお気に入りの路線を紹介する、
巻頭エッセイ「いとしの路線」というコーナーがあります。 
 
ついに今月は僕が九州は宮崎の海岸線をゆく「日南線」をご紹介します。
路線の魅力はもちろん、一つ思い出話を書いてみました。
 
ぜひご覧下さい!たまたま表紙の写真も僕のになりましたヽ(´▽`)/
詳しくはコチラ
 
 
 
関東近郊のおでかけには「東京時刻表12月号」、
全国のおでかけには携帯しやすい「小型全国時刻表12月号」で決まりだ(◎´∀`)ノ 
 

2013年11月20日 (水)

秩父路

_mg_9440

 

「ちょっと石灰石をとりに行ってくる!」と貨物列車がゴトゴト荒川を渡る。

 

実は101系やSLよりもこの貨物列車が好きだ。

 

 

2013年11月18日 (月)

霧降る峠

E6kun

 
 
初の組み合わせとなったE6系と仙岩峠の紅葉。
早朝、霧が立ちこめる山道に最新鋭の新幹線が駈け抜けます。
 
 
 
 
--
新型車両ということで重点的に撮影しているE6くん。
沿線では必ずと言っていいほど諸先輩がたにお会います。
 
今回もやっぱりいらっしゃいました、マシマレイルウェイの長根さん!
実は秋田県には北海道から下ってきたのですが、そのフェリーの中からすでにいっしょでした(笑)
 
 
ライバル会社なのに長根さんはやさしいですヽ(´▽`)/
たぶん、冬もお会いすることでしょう。。。
 
 

2013年11月13日 (水)

グループ展やってます

久しぶりの更新になりました。

いよいよ紅葉真っ只中!そんなハイシーズンですが、
実はグループ展に参加しています(・・)ノ
毎年恒例となりました、
我が母校、日本大学芸術学部写真学科OBOG「鉄っちゃん」によるグループ展、
「Railway 髭おやじとゆかいな仲間たち」展がスタートしました。
完全フリーテーマということで僕も最近の中で好きな写真を出してます。
弊社山崎社長も出展していますのでぜひ来てね!
 
 
 
 
--- 
「Railway 髭おやじとゆかいな仲間たち」展
2013年11月13日-25日 12:00-19:00  最終日は16:00まで
火曜日休廊
場所:ギャラリーストークス
東京都港区南青山6-2-10 TIビル4F
03-3797-0856
展示作品も販売しています!
そのほか今年は卓上カレンダーの販売も!!
---
17日(日)の午後は僕も在廊予定です。
ご来場お待ちしております(・・)ノ
追記 16日の在廊は15時以降の見込みです

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »