« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

三陸鉄道・田野畑駅

ついに明日、三陸鉄道北リアス線陸中野田〜田野畑駅の運転が再開されます。
ということで明日から終着駅となる田野畑駅では大掃除が行われてました。

_mg_4125_3

ピカピカの駅に活気が戻って行きます。

 

 

 

_mg_4221

きっぷ売り場横のカレンダーも一足先に4/1に。

 

 

明日は複数の駅でイベントが行われる予定です。
こちらのイベントのレポートや一連の取材は雑誌に掲載予定なので、
またあらためてリリースしますねヽ(´▽`)/

それでは、素敵な一日になることを祈って。

2012年3月30日 (金)

ある私鉄の3月30日。

_c3c3876

もう数えきれぬくらい繰り返されてきた三沢駅の見慣れた日常風景。

 
 
 
 

 

一方車内では、



Aa_3

 

「明日で最後だから」とお母さんと可愛い姉妹が乗り納め。


 

そう、ある私鉄の3月30日です。 

 

2012年3月23日 (金)

Y's Railphoto -タイル-

_69c4112_2
 
 
ちょっと前にエキュートがオープンした上野駅。
素敵なお店が入ってとてもきれいになりましたが、ふと足下を見ると昔からの案内タイルが。

屋根の乗り場案内はE5系になりましたが、こちらではまだ200系が現役です。
本物もちょっと顔が変わってますが、まだまだ元気だもんね。

2012年3月19日 (月)

イベントデー終了!&「鉄道物語」神戸展スタート!

昨日はJRPS相鉄展のイベントデーでした。
悪天候の寒い中、大変多くの方にご来場いただき大賑わいでしたヽ(´▽`)/

Au185130_2

↑今回の目玉イベントでもあった賛助会社さまによる「撮り鉄座談会」も満員御礼!

たくさんの方とお話することができ、僕自身とても勉強になりました。
またどこかでお会いしましょう!

会場でお配りしておりますE5系のポスターですが、
残りは中吊りバージョンのみとなりました。こちらも皆様お持ち帰りいただき感激です(TT)

イベントデーは終了しましたが写真展は4月1日まで開催しています。
ぜひご覧くださいませヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

 

そして、関西方面のみなさま、大変お待たせいたしました!
昨年銀座で開催いたしました世界初の(?)JRPS写真集展「鉄道物語」が神戸でスタート!

Hitotetu_2












 

これが実際に展示される僕の写真集!



この企画はアスカネットMYBOOK を使用して、
会員が個々に作り上げた写真集の展示するという少し変わった展示です。

しかも今回は東京ではなかった写真集自体と、中の作品のそれぞれの販売がございます!

 

ちなみに作品集は個々のページ数とサイズによって異なりますが、
僕の場合は19425円になります。これは実際に作る際の発注金額と同じなので、
「この価格でこのサイズかー!」などの目安にしてみてください。

作品の方は額装された状態で一点9800円になります。

会場等詳しいことはこちら!

--

Dm

 

 

 

JRPS写真集展 「鉄道物語」

会場  メリケンギャラリー神戸市中央区波止場町6-5
           上屋SO-KO  MAP

TEL   078-362-1170

会期  2012年3月20日(火・祝)~4月1日(日)

時間  12:00~19:30(最終日17:00まで) ※入場料無料
           月曜日休






なお3月20日(火・祝)は14:00~15:30で中井精也トークショー、
3月31日(土)は16:00~17:30で金盛正樹 長根広和 山崎友也トークショーを開催します。

両日ともに開催一時間前から整理券を配布し、当日先着50名さまの定員性となります。

皆様のご来場お待ちしております!!

(ちなみにムラカミは在廊できなさそうです。。。。)




 

2012年3月17日 (土)

訂正のおしらせ、相鉄ギャラリートークショー

先日おしらせいたしましたJRPS相鉄展の3月18日イベントデー内、
トークショーの時間を間違えておりましたのでご連絡いたします。

大変ご迷惑をおかけいたしました。



一回目 12:00〜13:00 富士フイルムステージ

参加会員 猪井貴志、長根広和、小賀野 実、金盛正樹

二回目 13:15~14:15 ニコンステージ

参加会員 中井精也、助川康史、吉永陽一、河野孝司

三回目 14:30~15:30 キヤノンステージ

参加会員 結解学、青柳明、山崎友也、村上悠太

上記が正しいものになります、宜しくお願いいたします。

2012年3月16日 (金)

おしらせ-相鉄ギャラリーJRPS展イベントデー!訂正-

いよいよダイヤ改正前日!
皆様思い思いの一日になることと思いますが、素敵な日になるといいですねヽ(´▽`)/
僕も頑張ります!

さて横浜相鉄いずみ野線緑園都市駅そばの相鉄ギャラリー で開催中の
日本鉄道写真作家協会写真展「今だから見せたい鉄道写真」ですが、
今度の日曜日3/18はイベントデー!

撮り鉄座談会のメンバーが決定しましたのでお知らせいたします。



一回目 12:00〜13:00 富士フイルムステージ

参加会員 猪井貴志、長根広和、小賀野 実、金盛正樹

二回目 13:15~14:15 ニコンステージ

参加会員 中井精也、助川康史、吉永陽一、河野孝司

三回目 14:30~15:30 キヤノンステージ

参加会員 結解学、青柳明、山崎友也、村上悠太


村上は三回目のキヤノンに出ますが、当日は終日会場におります!
たくさんのご来場お待ちしております!!

トークイベントの時間を間違えていました。
ご迷惑をおかけいたしました、上記が正しい時間になります!

2012年3月15日 (木)

Y's Railphoto -日本海、大阪を発つ-

_69c2564

夕日を背に受け、
寝台特急日本海が今日も大阪を発った。

--

これを撮影したのは大阪のHEP観覧車から。
日本海の時刻にあわせてゴンドラが撮影可能なところまで登る時間を計算し、
一人寂しく観覧車に揺られてきました。

最近は若干定時より発車に時間がかかっているとHEPの方に伺ったので、
大阪駅付近にいたお知り合いに電話をして無理を承知でホームに向かってもらい、
状況を随時連絡してもらっていました。

その情報を元にタイミングを見計らい撮れたのがこの一枚。

ご協力いただき、本当にありがとうございましたm(_ _)m

2012年3月11日 (日)

これからも!

Saa_2

東日本大震災から一年。

お亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

日本全国の中で一番僕が心休まるのがなぜか東北なのです。

だから、

これからも、どんどん東北に行くからね!





2012年3月 9日 (金)

JRPS相鉄展 開催中なう!

ということで相鉄ギャラリー でJRPS写真展「今だから見せたい鉄道写真」が開催中!

 

Au045041

広々としたギャラリーでのんびりとご覧いただけますヽ(´▽`)/

しかもご来場いただいた皆様にはもれなく↓をプレゼント中!!

Au045040

ポスターと電車内の中吊りポスターの2タイプあります。
うーん自分の写真がこんなになっているとちょっと恥ずかしいようななんというか(^^;)

ムラカミは10日(土曜日)、11日(日曜日)、イベントデーの18日(日曜日)に在廊している予定です。

週末のお出かけコースにおすすめ!ヽ(´▽`)/
写真展の後は相鉄線で横浜へのお出かけというのもきっと楽しいですヨ!

ご来場お待ちしております!

2012年3月 8日 (木)

小窓。

昨日、大阪に行ってきたので17時半頃にぶらりJR大阪駅と向かいました。

目当てはいうまでもなく、今度のダイヤ改正で臨時化される寝台特急「日本海」。
ホームに上がると対面ホームのファンの多さにもうびっくり!

ちゃんと「日本海」が撮影できるように発車する(?)サンダーバードにもびっくり!!

ホームに停まっている編成写真を撮るのもいいのですが、
僕が撮りたかったのが、これ↓

 

 

 

 

_mg_0061

はい、小窓です。これが好きなんですよヽ(´▽`)/
現在、この「日本海」と「きたぐに」にのみ現存するプルマン式開放A寝台。

下段は大きな窓を独り占めすることが出来、とても開放的なのですが、
一方上段は構造上、下段のような窓が設置できません。

もちろん、その分上段の方が料金が安いのですが、
「せめてものおもてなし」として付いているかの様なこの「小窓」。

設計者の思想が感じられる気がして好きなんです。

次回の改正で臨時「日本海」、「きたぐに」ともに編成から抜かれてしまうこのA寝台を、
85mmの単焦点で撮って一人ニヤニヤしてました。

そうそう!
この列車の発車時にまたちょっといい風景が撮れました。
そちらはいずれまたどこかで(◎´∀`)ノ

2012年3月 5日 (月)

Y's Railphoto -Last Running-

68

さあ、いよいよ。 です。

2012年3月 3日 (土)

Y's Railphoto -まあそんなに、、、-

132_2

ずっとため息ばかりついていた男性がひとり。

「まあそんなに落ち込むなよ」と
幾多の悩める人々を送り出してきたホームがやさしく男性を包み込んでいた。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »