« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

西日本さくらロケその2

撮影後の楽しみといえばやっぱり、車中鍋!
一日天候にも恵まれたので、順調に撮影も進んだのでさくっとお風呂に入り、地元のスーパーで買い物。そして道の駅に車を停めて調理開始!

_mg_9871
今日は鶏肉が半額だったので鶏鍋です。我慢できず既にビールがあいてます。

ほどなく食材を切って先日汲んだ富士山の水の中に投入!

_mg_9876
おいしそう!

車中鍋はとっても楽しいのですが満腹後の洗い物がなんとも。。。
(でも、じゃしなきゃいいじゃんという訳にはいかないw)

という訳でおやすみなさい。


さてさて、関西地方の桜の名所として非常に名高い吉野山の桜。
先日、大阪と吉野を結んでいる近鉄さくらライナーがリニューアルされました。
それまでのさくらライナーは使えなくなってしまったので、桜といっしょに撮影します。

といっても吉野は大阪市内よりも気温が低いのでまだ満開にはなってないようです。なので満開になるまで他の撮影で日数を稼ぎ、近鉄に戻りました。

運用を調べると該当列車はお昼過ぎ。なので大阪線でアーバンライナーと桜をまず狙います。


_mg_9915
ホントは新型のアーバンライナーネクストがいいなーと思ってたら、
タイムリミットギリギリに来ましたよ、新型。へへっ!アーバンライナーNEXT!
実車初めて見たな。

そして吉野山に移動。
現存日本最古のロープウェイに乗って俯瞰しましょう。

_c3c9446
近鉄特急色のロープウェイ。揺れる揺れるww


_c3c9627
吉野山ではいい天気の中たくさんの人がお花見を楽しんでいました。

木々の合間からなんとか駅を俯瞰できる場所を見つけて新色のさくらライナーを撮影。

_c3c9619
この写真ではピントでごまかしてますが、数年後には枝が伸びちゃって俯瞰できなくなっちゃいそうです。

吉野川沿いにも桜の木があったので、次の日に他の撮影に絡めて改めて狙います。

18
満開の桜と新色のさくらライナー!この吉野川橋梁は鉄橋そのものも貴重な鉄橋です。

編成もバッチリおさえて近鉄の撮影完了!だいぶプレッシャーが減ってきたぞ。
さくらライナーのお写真のご用命は弊社レイルマンフォトオフィスまでどうぞ(笑)

ということで移動します。つづく!

2011年4月15日 (金)

西日本桜ロケ

ツイッターでちびちびつぶやいてますが、今西日本に来てます。
今年入ってから大阪に何度来たかな?ってくらい最近大阪での撮影が多く、ようやく渋滞状況や撮影地なんかもなんとなくわかってくるようになりました。あと、車中泊のしどころもw

今回は事務所のストック向けに近畿地方のJR、大手私鉄の桜がある風景を狙います。

相棒アトレー7に機材、生活用品を詰め込みいざ出発!

_mg_9716

 
 
 

途中富士山の麓付近ではものすごい濃霧になりました。かなり恐いです。

_mg_9718

東名高速を走る時は必ず駒門PAで富士山の湧き水を汲んでいきます。
もはや関所みたいなものですね^^;

_mg_9724
10リッター満タン入りました。

ほどほどに関西入りし車中泊。
 
 
 
ということで翌日、まずは阪急は武庫之荘駅近くに行きました。

_c3c8185_2_3

マルーンのボディが青空と桜に映えます。

 
 
続いて夙川へ移動!

 
 
_mg_9743
皆さんお花見してて楽しそう!


とりあえず今回はここまで。撮影はまだまだ続きます。

2011年4月 7日 (木)

さくら咲いた!

自粛の濃霧が漂う世の中ですが、
「あーもう我慢できないよ!」と言わんばかりにお堀の桜が一斉に咲き始めました。
一応東京は「満開」宣言が出ていますが、個人的にはまだまだ咲くかな、という印象。

_c3c8136

事務所から近いということもあり、例年桜の撮影はこのお堀の桜からはじまることが多く、
今日も打ち合わせの前にパシャパシャしてきました。

例年とおなじように美しい姿を見せてくれた桜。
今年はいつも以上にていねいに撮って行こうと思います。

新年度を向かえて周りの友人や後輩たちも新たな一歩を踏み出したりして頑張っている人が多い中、
社会人3年目、24歳の僕も負けずにやれることを精一杯頑張ろうと思った春の一日でした。


_c3c8040_2

さくらたちにかこまれて、中央線が春を走ります。

2011年4月 4日 (月)

yuta's Railphoto -踏切点描-

Photo_2

朝の放出駅。

「春だっていうのに相変わらず寒いなぁ」
「せやなぁ」

そんな会話が聞こえてくる、踏切点描。
ラッシュを行き交う列車を横目に、自転車もラッシュアワーです。


 

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »