« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月23日 (水)

yuta's Railphoto-のぞみは駆ける-

_c3c6355

まるで願いを叶える流れ星のように。

都市から都市へ。
人から人へ。
僕から君へ。

のぞみは駆ける。

 

2011年3月16日 (水)

yuta's Railphoto-まっすぐなせんろ-

1

二本のレールとそれを照らす空の光だけが創り出す不思議な世界。
そんな世界に一両の列車がやってきた。

まっすぐな線路を踏みしめてゆっくり、ゆっくりとがたんごとん。

力強いライトの明かりがとても頼もしく見えました。

2011年3月15日 (火)

yuta's Railphoto-さくらのえき-

Sakura

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、犠牲になられました方々そしてそのご遺族の方々に対しましてお悔やみ申し上げます。

宮城、茨城、長野。
親しみ深い、大好きな地名ばかりが報道され、また、その光景にただただ衝撃を受けています。
今まで何度も訪れその度に新しい感動や素晴らしい人々との出会いを与えてくれて、僕をいつも成長させてくれます。

なにかできるわけではありませんが、協力できることからやっていきます。

みんなで、頑張っていこう。

2011年3月 2日 (水)

yuta's Railphoto-頑張れ!内陸線!-

Akitanairiku_c3c1556
                            

萌える緑、川釣りを楽しむ釣人。
そのよこを鉄道がたたん、たたんと走ってゆく。

こんな夢のような光景が秋田内陸縦貫鉄道にはあるんだ。

--
昨年、初めて訪れて感激した内陸線。
しかし、そんな内陸線が沿線学校の統合や利用者減少に歯止めがかからず、
がけっぷちの状況に追い込まれている。

外から写真を撮っているだけでは、鉄道会社の利益には全くならないけど、
それでもなにもしないよりはと思い紹介しました。

外から撮って美しいということは車窓もすばらしいということ。
次回は車内から撮影してみようと思います。

羽後長戸呂〜八津にて。

yuta's Railphoto -誇りある仕事-

_c3c8065b_2

若い力とベテランの気迫。
その笑顔には仕事への誇りと、確かな人と人の絆を感じた。

今の仕事にやりがいがあるか、としきりに問うCMが多いけど、
この二人を見ていてそういうのって無理に探すのではなく、
自分の中から自然にわき上がるものじゃないのかな、と感じた社会人3年目の僕でした。


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »